© 2018 Japon-Hasekura Koenkai. All Rights Reserved

支倉常長関連施設

宮城慶長遣欧施設船ミュージアム

​サン・ファン館

​光明寺

円福寺

サンファンバウティスタ号が出帆したと言われる宮城県石巻市牡鹿半島に支倉常長の一行の足跡をたどるミュージアムがあります。

​2011年の東日本大震災では壊滅的な被害を受けましたが2013年に再オープンされました。

支倉常長の墓といわれるものは宮城県内に3ヵ所存していますが、そのうちの1つ。宮城県仙台市にあります。

支倉常長の墓といわれるものは宮城県内に3ヵ所存しています。そのうちの1つ、支倉常長が少年時代を過ごした川崎町では、毎年6月に支倉祭りが開催されています。

​支倉メモリアルパーク

支倉常長の墓といわれるものは宮城県内に3ヵ所存しています。そのうちの1つが宮城県の大郷(おおさと)町です。

支倉常長を取り上げた作品

​邦楽オーケストラ ハセクラ

宮城県を拠点に活動する創作和太鼓集団

「M's Japan オーケストラ」の

「ハセクラ」

東日本大震災で壊滅的な被害を受けた

​サンファン館ミュージアムの再オープニングイベントで披露しました。

政宗の夢常長の現

慶長使節四百年

著者・濱田直嗣氏は

支倉常長研究の第一人者。

​仙台市博物館館長等を歴任後、

現在はサンファン館館長。

遠藤周作『侍』

支倉常長の視点で、野心的な宣教師ソテロ(本文ではベラスコ)に振り回されながらの

メキシコ、スペイン、イタリアへの苦難の道中が描かれます。