World Network to Save The San Juan Bautista

サンファン号保存を求める世界ネットワーク

初代仙台藩主、伊達政宗公が407年前に支倉常長を公使としてスペイン・ローマに派遣した慶長遣欧使節。宮城県民の殆どが、この政宗・常長の歴史的な偉業を誇りとし子供たちにも伝えて行きたいと思っています。そのシンボルが使節を運んだ“伊達の黒船”サン・ファン・バウティスタ号です。そして、実物大の復元船が1993年に17億円という私たち県民の血税(うち約5億6000万円は県の有志からの寄付金)で建造されました。あの東日本大震災の地震と大津波にも耐えて、今もその雄姿を太平洋に向けて輝かせています。いわば私たち県民にとって復興のシンボルでもあります。そして“日本が世界に誇る歴史的文化遺産”として世界中の人たちからも愛されています。宮城県は、その私たちの“宝”を老朽化を理由に十何億円もの大金をかけて、来春早々には復元船を解体し、1/4寸のプラスチックの模型船に置き換えると決定しました。 

私たちは、この県の決定に疑問を抱いています。何故今そんな大金をかけて解体・1/4模型船建造を急ぐ必要があるのでしょう? 納得のいく説明を求めます。保存を熱望する私たち県民や、スペイン、イタリア、メキシコなどの人たちの“思い”を無視して解体することを私たちは許しません。知事!そして県議会議員諸兄!あなた達には“県民の誇り”や“郷土愛”など無いのですか? もうあのような大型木造船を建造できる船大工はいないと言われている現状で、県がすべきなのは壊すことではなく、むしろ国の重要文化財指定に向けて運動することです。 私たちは、「サンファン号保存を求める世界ネットワーク」(略称:SAVEサンファン世界ネット)を組織し、新たに署名活動を展開し解体反対の運動の輪を広げていきたいと思っています。

どうぞ皆様のお力をお貸しください!

The first lord of the Sendai domain, Date Masamune, sent the Keicho Mission to Europe to Rome, Spain, with Hasekura Tsunenaga as a minister 400 years ago. We are proud of this historical achievement of Date Masamune and Hasekura Tsunenaga, and would like to pass it on to future generations.
The symbol is the "Date's Black Ship" San Juan Bautista, who carried the envoy. The full-scale restoration ship was built in 1993 with a tax of 1.7 billion yen for Miyagi citizens (of which 560 million yen was donated by local volunteers). I feel that this restoration ship is a valuable cultural heritage for regional development.
It was explained that the ship has a durability of 50 years at the time of construction, but Miyagi Prefecture started dismantling the ship in 2021 less than 30 years after it was built due to aging, and it is 1/4 inch. I decided to replace it with a plastic imitation ship.
We have doubts about this decision. Now that the prefecture is in an unprecedented economic crisis due to the corona wreck, why is it necessary to spend such a large amount of money to hurry to dismantle? I am against dismantling without a convincing explanation.
We have formed a "World Network for Preservation of the San Juan" with many people who love the San Juan Bautista.
From now on, we will ask Miyagi Prefecture to cancel the dismantling of the existing full-scale restoration ship. And I would like to work with you on the preservation movement of this historic building.
The shipbuilding technology of the restored ship built in 1993 was the construction of a restored ship that the shipbuilders, researchers, and engineers at that time were able to do their best to achieve the technology that was already being lost.
The San Juan Bautista is one of the largest existing wooden ships in Japan. Now, if this restoration ship is dismantled, it cannot be rebuilt.
The San Juan Bautista is a valuable restoration ship that is not only the historical value of Japan, but also a bridge for international exchange with people such as Italy, Spain, and Mexico, where the Keicho Mission to Europe stopped by.
In March 2015, the materials brought back from Europe by the Keicho Mission to Europe were certified as UNESCO Memory of the World Program. The restoration ship is a symbol of that historic event. Therefore, it is not possible to allow the dismantling of the ship as it is.
Please lend your help!
Thank you for your support for reviewing the dismantling of the San Juan Bautista!

代表     白田正樹 (ハポン・ハセクラ後援会 会長)
副代表 齊藤祐司 (サン・ファン・バウティスタ号を保存する会 会長)

私たちは原寸大復元船の解体に反対します!

一緒にサンファン号について考えよう!

【メール】save.sanjuan2021@gmail.com

【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCVB20MfEauKcz9Pe_Y4g4Rg

【Twitter】https://twitter.com/SavesanjuanNet

【Twitterアカウント名】@SavesanjuanNet

  • Twitter

「サンファン号保存を求める世界ネットワーク」

(略称:SAVEサンファン世界ネット)ご入会の案内

メール(save.sanjuan2021@gmail.com)にて、お名前、メールアドレスをご連絡の上、以下の口座までお振り込みください。

その際、一言添えていただけると幸いです。

●ご入会金

個人会員 1口 1,000円より

団体会員 1口 10,000円より

●お振込み銀行

みずほ銀行 五反田支店 
4337256 (普通口座) ハポン ハセクラコウエンカイ

七十七銀行 仙台東口支店 

5284694(普通口座)シロタ マサキ

事務局:

〒986-0822

宮城県石巻市10 中央2丁目10-2 新田屋ビル1F 

電話番号:080-4884-4868

【これまでの活動】

20200220県庁訪問.jpg

2020年2月20日、サン・ファン・バウティスタ号を保存する会、ハポン・ハセクラ後援会、仙台藩志会有志の3団体で宮城県庁を訪問し、解体が予定されているサン・ファン・バウティスタ号の保存を求める署名3,307人分(2020年2月19日までの署名分)を遠藤信哉副知事へ提出いたしました。

​当日は、多くのメディアに取り上げていただきました。詳しくは、コチラ

【サン・ファン・バウティスタ号を保存する会のこれまでの活動】

会のウェブサイトまたはFacebookをご確認ください。

【ハポン・ハセクラ後援会のこれまでの活動】

2017年11月。コリア・デル・リオ市長とハポン会長が
石巻市長を表敬訪問。サンファン号の保存を訴えました

2019年8月。ハポン会長らが石巻市長を表敬訪問。
サンファン号の保存を再度、訴えました

2013年8月。ハポンさん一行が
石巻の月の浦港を訪れました。

2013年8月。ハポンさん一行が
石巻の川開き祭りに参加

2013年8月。ハポンさん一行が石巻で
コリア・デル・リオのの合唱団と
合同コンサートを開催

2015年11月。ハポンさん一行が
石巻を訪問

2017年11月。コリア・デル・リオ市長と
ハポン会長が​サン・ファン館を訪問

2017年11月。コリア・デル・リオ市長と
ハポン会長が​石巻の月の浦を訪問

2019年3月。コバルトーレ女川ジュニアユースの選手達がハポン・ハセクラ使節団としてコリア・デル・リオを訪問し、​ハポンさんたちと交流しました。

CFコリア、ベティスを交えたハセクラカップの試合開始前にはニューヨークから風の環少年少女合唱団が国家を披露してくださいました。

2019年8月。コリア・デル・リオのハポンさんが
伊達家ゆかりの勝山館にて和式の結婚式

2019年8月。ハポンさん一行が

サン・ファン・ミュージアムへ

2019年8月。ハポンさん一行が

女川町長を表敬訪問

アンバサダー
都甲(とこう)マリ子
脚本・演出家
宮床伊達家 末裔

© 2018 Japon-Hasekura Koenkai. All Rights Reserved